LEDと水銀灯の違い?水銀灯の特徴と種類は?工事見積りの前に基礎知識もチェック

水銀灯の特徴と種類

ガラス管内部で水銀蒸気中のアーク放電で発生する光放射を利用した照明を水銀灯と言い、高圧タイプと低圧タイプに分けることができます。

白熱電球と比較した場合の発光効率が良く、倉庫内や工場をはじめ光量が必要な空間で使用されていますが、一度消灯すると発光管内部が冷えるまでの10分ほどは再点灯できません。一般的な水銀灯のほかオレンジ色の温かみがある「高圧ナトリウムランプ」、ランプ効率が良く演色性に優れた「メタルハライドランプ」、安定器の役割を内蔵した「バラストレス水銀灯」があります。

これまであらゆる施設や設備の照明に用いられてきた水銀灯ですが、今では水銀灯の役割に加え、それ以外のメリットを備えた様々なLED照明が開発されています。水銀灯からLEDへの交換を検討している方は、お気軽にご相談下さい。

水銀灯をLEDに変更するなら開発から施工まで一貫して対応します

水銀灯をLEDに変更するなら開発から施工まで一貫して対応します

水銀灯をLEDに変更する際はまずはご相談を。

これまでに4万台以上、20万平米以上の空間におけるLED照明の施工実績があります。最近は、一般的な蛍光灯や水銀灯からLED化を検討する企業や工場も少なくありません。

LED化に伴う提案から施工工事までを一貫して行い、お客様のニーズに合う照明器具の開発も行います。現在の水銀灯照明器具をそのまま再利用した交換、1回取付工事をすると2回目以降の工事が不要な電源内蔵タイプなど、現場調査を行い最適な交換を提案いたします。

LEDと水銀灯の違い、工事見積りなど何でもお問い合わせ下さい

LEDと水銀灯の違い、工事見積りなど何でもお問い合わせ下さい

LEDと水銀灯の違い工事見積りなど、LED導入前に解決しておきたいお悩みは様々なものがあると思います。

そのようなお悩みに対しても、受注を承ってから照明器具の製造を行うことができますので、建物に合わせたカラーリングやツヤ無塗装などの特殊な加工も対応いたします。施設の照明配置図など必要な情報があればコストシミュレーションが可能で、工事見積りを提出いたします。

企業や工場だけではなく、グラウンドや公園、道路の街灯など屋外の照明にLEDを導入したいというご要望もお待ちしています。LEDと水銀灯でどのような違いがあるのか、経費の面でのメリット・デメリットなど、気になることがあればお気軽にお問い合わせ下さい。

お役立ちコンテンツ

LEDと水銀灯の違いについてや工事見積りのご依頼先

社名(商号)
株式会社ウティル / utile,Inc
本社所在地
〒 104-0061 東京都中央区銀座1-16-7
銀座大栄ビル5階
電話/FAX
03-4360-8744/03-5539-4775
ホームページ
http://www.utile.jp