LED照明と水銀灯の消費電力や導入の際のコストを比較するなら~電気代を節約するポイントとは~

電気代を節約するポイント

電気代を節約するポイント

電気代を節約する基本は、無駄な電気を使用しないことです。電気は知らないうちにつけっぱなしにしていることが多いため、日頃から省エネを意識することで電気代の節約にも繋がります。また、電力供給というのは、昼間の使用量が多く、夜間は使用量が減るのが一般的です。

電力会社としては、発電設備を平準化したほうが生産コストを抑えられるため、昼間の使用電力を抑制して朝晩や夜間の使用を促進する傾向にあります。そのために電力会社は様々な割引プランを打ち出しているので、特定の時間や曜日に使用が集中している場合はプランの見直しをおすすめします。

使用目的に応じた最適なプラン選びは、電気代節約への近道になるのです。この他にも、長寿命で消費電力の少ないLED照明は、節電と共に電気代の節約にもなります。水銀灯や蛍光灯よりも圧倒的に省エネで電気代が安くなる上、明るくて見やすい空間へと生まれ変わります。

LEDと水銀灯の消費電力やコストを比較するなら

LEDと水銀灯の消費電力やコストを比較するなら

LEDと水銀灯の消費電力やコストが気になっていませんか。

水銀灯からLEDへ照明を変更したいとお考えの方へ、LED照明の商品開発から施工まで担当可能です。LED照明の企画開発やマーケティング、販売を行い、4万台以上、20万平米以上の物件へ納入した実績があります。

設置を行う現場調査からしっかり対応いたしますので、照明の消費電力を抑えたい、環境に配慮した企業づくりに取り組みたいといった企業様はお気軽にご相談下さい。現状の資料をご用意いただくと無料でシミュレーションをすることができ、消費電力や導入の際のコストなどを比較することも可能です。

水銀灯をLEDに変更するなら

水銀灯をLEDに変更する際は、お気軽にお問い合わせ下さい。

水銀灯をLEDに変更するなら 水銀灯をLEDに変更するなら

そもそも販売する照明器具には様々なものがあり、それぞれの照明設備に合わせて開発することもできます。

卸売り価格で販売しているため、設置や交換等にかかるコストの削減に繋がります。高出力下面配光ランプは今お使いの水銀灯照明器具を再利用して交換でき、廃棄物を抑えながらの導入が可能です。

水銀灯をLEDに変更するなら

製品によっては電源内蔵タイプもあり、1度取り付けを行えば2度目からは工事が要らないことから経費を削減することもできます。LED照明のことならご相談下さい。

お役立ちコンテンツ

LEDと水銀灯の違いについてや工事見積りのご依頼先

社名(商号)
株式会社ウティル / utile,Inc
本社所在地
〒 104-0061 東京都中央区銀座1-16-7
銀座大栄ビル5階
電話/FAX
03-4360-8744/03-5539-4775
ホームページ
http://www.utile.jp